FC2ブログ

現在設定CSWショックアブソーバー(ダンパー) カムロード

2017/11に装着して年2回の遠出なので時間がかかったが、約8,000Km走行して 前9 後9 で落ちきそうである
主にリアの横揺れを抑えるため設定を上げる、バランスの関係でフロントも上げるということをしてきた
ここで弊害が生じる、設定を上げるとフロントが揺れた後リアが揺れ、その後またフロントがポンポンと軽く左右に揺れる、揺り戻しのようなことが発生する(ちょっと不快)
これを解消するのに設定上げて抑え込んでみようとしてきた
とうとう次上げたらMax14になるというところまで来てしまった
この設定はないな!と思いつつ上げてみたが、予想通りフロントもリアもすごい勢いの反発、揺り戻しも最強 w
(設定を1上げても大した差でもないので上げるときは2から3上げる)
「設定下げてみたらどうなる?」と考え、初期の前8後7に戻してみた
リアの揺れはもちろん増えたが乗り心地はゆったりしていてすごくいい!
揺り戻しがないわけではないが、揺れがゆったりしているので気にならないようになった
素人なりに考えてやってきたが、やはり開発者の設定は「さすが!」の一言
ただリヤの揺れを気持ち押さえたいので 前9 後9でいくことにした

先日の水上行で一般道、高速、山道、雪道を走る試走になったが、なかなかいい感じで走行できたので現段階ではこの設定でいくことにした

車両状況
カムロード 2500cc 4WD
オルビスユーロ(リアに発電機あり)
CSW(カーセルスワタナベ)ショックアブソーバー 前9後9(2019/10現在)
マックスロードプラス 3cm締め付け
CLIMBエアサス(板ばね内側装着) 4.0kgf/㎠
前後スタビ強化なし
給水タンク排水タンクともに中身なし
スポンサーサイト



ナビ更新(カロッチェリア)

AVIC-MRP600(2014年製)
最終更新から2年たつので更新
金額は16,000円(税抜)となるが「地図割」利用で3,600円(税抜)※となる
※MapFanプレミアム年会費及び地図更新1年分込み
 以前はプレミアム年会費と地図更新料の両方が必要だった

地図割取得及び地図更新(DL版)
1 MapFan会員ID登録(無料)
2 1の後にMapFanプレミアム会員ID登録(有料)
 決済方法選択
 「年会費」選択(「月払い」は「地図割」対象外)
3 MapFanサイト下の方にある「カロッチェリア地図割プラス・地図割パイオニア」でクーポンコ-ド取得
以下は取扱説明書のとおり
4 カードリーダーにナビのSDカード差すとナビスタジオ起動する
5 ナビスタジオ「アップデートマネージャー起動」
6 「更新パスワード取得しますか。」と聞いてくるので「はい」を選ぶとスマートループサイトが開く
7 スマートループサイトにログインして申込画面が出るまで指示に従う
8 申込画面の「地図クーポン入力」に3の「クーポンコード入力」して「内容確認」
9 「申し込み確認」画面で「金額(税込)0円」と表示されていること確認して「決済へ進む」
10 9の後スマートループサイトで「データ更新パスワード」確認
11 ナビスタジオでナビのSDに「更新データ」ダウンロード(マップチャージ)
12 ナビに11のSD差し、「データ更新パスワード」入力して更新終われば終了

ブースターケーブル450A/5m

バッテリー上がりにブースターケーブル新調
悩んだがケーブルが太いの選択

極太・業務用ブースターケーブル450A/5.0m/45SQMM
FC2895.jpg

クリップ部分デカイ、大体ハガキと一緒 w
ケーブルはしなやかで扱いやすそうだ
FC2896.jpg

マキタ USB用アダプタ ADP08(10.8V用)

電動工具で、もてあましているバッテリーがあるので活用
車内で活躍してくれるでしょう!

マキタUSB用アダプタ ADP08(10.8V用)
14.4V・18.V用は2口であるがこちらは1口
ON・OFFスイッチあり
FC2894.jpg

iphoneX
純正ケーブル
マキタバッテリー4.0Ah(10.8V)
スタート     11%
約 40分後   60%
約 70分後   88%
約 95分後   99%
約125分後  100%

充電後メモリ4→3
2、3回使える?
FC2893.jpg

MICHELIN AGILIS CAMPING(アジリス キャンピング)

MICHELIN AGILIS CAMPINGが2019/3/1に発売になる
「就寝用のベッドや調理を行なうキッチンなどの追加で車両重量が増えるキャンピングカーでの使用に対応するため、アジリス キャンピングでは商用車用の「LT/C」規格よりも空気圧設定を高め、高負荷での常用を実現。高荷重に対応しつつ、優れた耐久性や操縦安定性を発揮するキャンピングカー専用タイヤとしている。」
ということらしいが文面の赤字の部分が気になりミシュランのサポートに各タイヤの最大耐荷重時の空気圧を確認した
括弧書き内は最大負荷能力(単位:kg)
225/65 R16 CP 112Q(1120)・・・475kpa
215/75 R16 CP 113Q(1150)・・・475kpa
225/75 R16 CP 118R(1320)・・・525kpa
215/70 R15 CP 109Q(1030)・・・475kpa
225/70 R15 CP 112Q(1120)・・・475kpa
国内メーカーと同じ耐荷重でも空気圧はAGILIS(450kpa)より高いが国内タイヤよりはやはり低めの設定のようだ
それとキャンピングカーは後方に荷物が増えることがあるので、後輪の空気圧増やしたいときは後輪限定かつ後輪シングルタイヤ限定で空気圧を耐荷重限度空気圧より各タイヤともプラス75kpa増やすことができるそうだ(例 475kpa+75kpa=550kpa)
増やしたからと言って耐荷重限度が増えるわけではない
「AGILIS CAMPING」発売の目的は、国内で輸入キャンピングカー増加したことで、その替えのタイヤとして発売するということらしいが「AGILIS」のカムロード装着が増えたこともあるとは思いますが・・・
それにしてもミシュランのスピードレンジが高いね
Q・・・160km/h
R・・・170km/h
ちなみにブリジストンR202はL・・・120㎞/h
プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.32l(2019/8)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク