家庭用エアコンも故障かと思った キャンピングカー

暑くなってきたので家庭用エアコン冷房試運転
発電機稼働、エアコンON、少したった頃冷気、このままにして20分位後に車内に戻ると止まってる  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
リモコンいじるも受信音しない、通電していない?
ブレーカー落ちてないけど・・・ ブレーカー入れ直し、フックアップしても変わらず
もう一度ブレーカー入れ直ししたら動いた!良かった~
この後問題なく稼働、念のため発電機でも試したが問題なし
冷気も出てるし車内も冷えてきたので問題ないだろう
車両エアコン修理があったのでこっちもかよ~と焦ったね ε-(´・`) フー
スポンサーサイト

エアコンガス漏れ修理 カムロード

本格的に暑くなる前にエアコン確認したら生ぬるい風しか出てこない
ガス漏れと思われるのでトヨタに電話、入庫は1週間後ということなので他も当たってみて翌日見てくれる所に行くことにした

2016/5/7
早速確認、ガスが2.0付近、修理確定
このまま預かりかと思いきや「今は手いっぱいで預かれるのが何時か分からないので目処が付いたら連絡する」という返答、とは言うものの月末くらいには連絡出きるかとも言われたので、今回は思うところがあり待つことにした

5/27に連絡あり6/9以降でという事で6/10に入庫

6/16
原因はエバポレーターと連絡あり、修理費約8万円
accircle.gif
出典 http://www.golddenki.com/acgenri.htm

6/23引き取り
エバポレーター漏れ箇所
1回洗浄しているが11年目約98000kmの割にきれい、交換歴ありか?
表側(表裏ある訳ではないが便宜上記載)
左スポンジ裏からめくると下の写真
FC-2474.jpg

裏側(上写真の左側が上になっている)
FC-2475.jpg

参考
FC-2473.jpg

帰宅途中リヤエアコン消したらフロントエアコン効かなくなったので(高圧カット)後日抜くことになる、やはりガス量5缶は多い

FF配管にエアロフレックス・チューブの効果

先日スキーに行き、FFの配管にエアロフレックス・チューブの効果を体感してきた

今回いつものようにメモリ全開で出発したが、暑すぎて途中からメモリ3分の1にしてそのまま就寝
FFはON・OFFしてたようだが朝方、バンクもリアも含め以前のように寒く感じることなく暖かく寝ることができた
また運転席側からダイネットに移動するのにカーテンを開けると冷っとする空気が流れていたが、今回は暖かい空気が流れていたので効果あったね

空気の流れ
ダイネットへの排気は1か所、矢印書き忘れ(一番右)はマルチルームヘ
FC-2409-2.jpg

ベッド展開時はこんな感じ
FC-2454.jpg

あと電池交換後のエアモニ受信ですが、これもストレスなく受信しています

エアロフレックス・チューブ(FF快適化)

セカンドシート下にあるFFの配管の放熱を抑えてその熱をそのまま排熱するために以前から気になってたエアロフレックス・チューブ購入
レアバリュージャパン
http://www.rare.co.jp/shop/
エアロフレックス・チューブ(10/67)
厚み 10mm ・ 内径 67mm ・ 長さ 2m

配送中身はこんな感じ
FC-2350.jpg

物はこんな感じ
径はピッタリ(※)なのでパイプが曲がったままだと入れにくい
引っ掛かった時は慎重にやらないと切れます ちょっとやってしまった・・・
※密着性が損なわれますが1つ上のサイズでも入れやすくてイイかも
FC-2408.jpg

取付前
FC-2407.jpg

取付後
継ぎ目等一部継接ぎ
FC-2409.jpg

インシュロック一部使用
FC-2401.jpg

FFON、取り敢えず大丈夫そうだ
効果は後日に体感して分かるでしょう (-_☆)キラリ!

追記
2016/3/28
車内全体が温まるようになったので効果あり

ベバスト燃料(軽油)ホース抜けた オルビスユーロ

グランディ羽鳥湖スキー場に行ったときベバストヒーターが夜中に停止、これ自体は、低電圧や凍結でなるのでめづらしい事ではないです。
この日のスキー駐車場は、雪がチラツき、車に強く風が吹きつけていたので燃料タンクあたりもかなり冷え込んだと思われます。この時は2・3回着火試しダメなので先の状態かと思い断念
この後使う必要もないし、凍結なら時間が解決してくれるので帰宅後もそのままにしていました。
でもベバストの故障の可能性も考えられるため着火確認
ファン勢いよく送風、ちょっとして低送風後、また送風・・・ この前と「いっしょだな」 ちょい冷や汗・・・
燃料ホース確認 、タンク下路面に染み発見 下覗くとタンクに水滴(軽油)
(゜Д゜;≡;゜Д゜)
どこから? ベバストスイッチ停止
接合部 燃料ホース(チューブ)・・・抜けてる
チューブ刺さらない、ホースバンド緩めて再度挿入後、止め締め直し着火確認
20分ぐらい動かし、燃料漏れもないこと確認 ( ̄^ ̄)ゞ

今回は、スキー場HPでマイナス2.4度だったので2号軽油で大丈夫かもと考えが甘かった。結局チューブが、凍結して接合部(緩みあった?)から押し出されたと推測します
今回の抜けた場所がポンプ以降でベバスト稼働させなければ燃料が送られないので帰宅後も気づかなかったと推測します
不幸中の幸い あとガソリンなら (; ̄ー ̄川
これからは、寒冷地に行く時は3号軽油入れます

燃料の流れ 見え難いけど細いチューブ
FC-001763.jpg

車輌燃料からT字で分岐
FC-001764.jpg

丸印が抜けた場所
FC-001761.jpg

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク