発電機カバーボルト

発電機のカバーボルトには長め2本と短め2本となっている、この短い方の1本が購入当初からボルト先は舐めた状態であった
原因として微妙にネジ穴に届く程度の長さなので締めすぎるとボルト先を舐めてしまうということである
だが微妙な締め具合で何とか留まっていたのでそのままにしていたが、微妙な締め付けは取外し回数が増えるとかなりめんどくさい
ちなみにフランジボルトが付いていないのは脱落したわけではないのでお間違いなく!
FC-2805.jpg

今回は純正品ではなく代用品にしてみる(左2本M6-15・M6-12、他は純正)
頭サイズは純正と一緒だが、15mmがどの穴でも締めこめるのでねじ込む部分の太さが若干細いようだ、というのも純正の長い方は下穴の方では当たって最後まで締めこむことができない穴もあるからそう感じた
FC-2808.jpg

ボルト色が黒でなくても良さげなのと長くも短くもないM6-12に全て交換した
若干細いのは気になるがそれほど気にする箇所ではないのでいいだろう
FC-2806.jpg

参考
黒塗りフランジボルトは15mmしか見つけられなかった
FC-2807.jpg

ボルト交換ついでに発電機とベパストの稼働もしておいた
どちらも安心して使えそうなことが確認できた
スポンサーサイト

発電機の煤の定期清掃

マフラーに煤が溜まっているから10時間位で汚れてきて、30~40時間もしたら煤の衣まとってる
まあこの状態でも排気しているんだけどね
FC-2507-3.jpg
FC-2507-1.jpg

煤が飛ぶ動画はこちら(ECOスイッチONOFF)
発電機マフラーの煤
https://youtu.be/UbjfMBac3lY

発電機エアーフィルター交換 オルビスユーロ

オルビスユーロ購入から3年ちょっと経ち、未交換で気になっていた発電機エアーフィルターの交換です

さあ!どれくらい汚れてるでしょうか!

左右新品と比べれば汚れてるけど、驚くほどではないです
FC-2269.jpg

稼働状況は約482時間プラス前オーナー2年の使用時間(納車時アワーメーター約40時間指していたが後どれくらい稼働していたかは不明)
ちょい情報として時間にしては汚れているらしいので、発電機排気管が外に飛び出ていないので排気戻りかも?汚れも煤ポイしと思ったけど こりゃデーゼル排気ですね
今は延長パイプで車両外に出てますが、それまでは車両下に排気していたし、エンジン限界時アクセルベタ踏みだと煤もスゴイのでそれを吸った可能性は高い!

エレメントとエアクリーナー 取り寄せがほとんどなのでCW行ったついでにこれとプラグ購入
CWではセット販売(要確認!)だそうですが、基本この二つの部材はセット販売ではないので両方欲しい場合はお気を付けを!
FC-2270.jpg

スイッチ交換(発電機燃料ポンプ) オルビスユーロ

発電機燃料ポンプスイッチのランプが切れていたけどON-OFFできるので発電機稼働には問題ないのですが、先日のヒューズ外れのトラブル考えるとランプは点いていた方が判断材料には便利なので交換

スイッチの中身はこんな感じ
電球から細い針金が出ていて接点へ(マイナスとマイナス)、この上に金属板が乗りシーソーみたいに動きON-OFF
FC-2261.jpg

スイッチ探しにオートバックスに行ったら使えそうなの見つけたので
FC-2262.jpg

仮付けしたら明るすぎ
FC-2263.jpg

次は秋月電子通商で見つけた抵抗入りLED これこれと思って買ってきたけど思い通りにいかず却下
FC-2264.jpg

結局スイッチ購入
自分のは丸穴なのでこれにしましたが、現行は埋込四角穴です
FC-2265.jpg

燃料ポンプ稼働確認 ('-^*)ok
FC-2266.jpg

発電機不調(始動せず・初歩的ミス?)その2 (解決) オルビスユーロ

GWの発電機不調について先日書きましたが再発
原因はポンプが動いてないのでガス欠
故障か通電ないかのどちらか!
自分なりに検証はしたけどCWに持ち込んだ方がいいかな?と言う事で、また行ってきた
結論はヒューズの外れ・・・
また勉強になりました <(_ _)> アリガトォ

FC-2249.jpg

アースの状態 錆びてますが問題なし
FC-2250.jpg

アース接点側はネジに接点復活剤ふいといたのできれいになってます
FC-2251.jpg

問題の個所
矢印方向に引張られヒューズ脱落
このタイプのヒューズは配線に余裕がないと引張られて外れやすいので注意
これがポンプヒューズとは知らなかったけど・・・
FC-2254.jpg

これに交換 もう抜けません
FC-2255.jpg

下記書いていてあまり参考にならないな?とも思ったけど「気づいたことだから」残しておこう

エンジンの止まり方
 ・「ドゥルルルル」とフェードアウトしながら止まる・・・ガス欠
 ・プッンと突然止まる・・・ガス欠ではない可能性で他のトラブル

・写真のようなら動いてない可能性高い(製作年によってついてる位置は違うかも、今のオルビスは発電機近くについていると思います)
ポンプが正常なら半分より上に残っているかな~?!
通電していれば燃料を送ってるのが目視で分かるし、ポンプの「カッチ・カッチ・カッチ・・・」も聞こえます
FC-2246.jpg

・通電していれば燃料スイッチ入れるとスイッチランプ点くのと「トゥルートゥトゥトゥ」って音が聞こえます
何となくこの音そうかなとは思っていたけどやっぱりそうだった。

・mixiのコメントで燃料スイッチのランプがついてれば通電確認はできるという事でしたが、自分のは切れちゃっていたので全く頭になかった。言われれば 確かに・・・ ここをテスターで計れば簡単だったねと。

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク