FC2ブログ

ブースターケーブル450A/5m

バッテリー上がりにブースターケーブル新調
悩んだがケーブルが太いの選択

極太・業務用ブースターケーブル450A/5.0m/45SQMM
FC2895.jpg

クリップ部分デカイ、大体ハガキと一緒 w
ケーブルはしなやかで扱いやすそうだ
FC2896.jpg
スポンサーサイト

マキタ USB用アダプタ ADP08(10.8V用)

電動工具で、もてあましているバッテリーがあるので活用
車内で活躍してくれるでしょう!

マキタUSB用アダプタ ADP08(10.8V用)
14.4V・18.V用は2口であるがこちらは1口
ON・OFFスイッチあり
FC2894.jpg

iphoneX
純正ケーブル
マキタバッテリー4.0Ah(10.8V)
スタート     11%
約 40分後   60%
約 70分後   88%
約 95分後   99%
約125分後  100%

充電後メモリ4→3
2、3回使える?
FC2893.jpg

MICHELIN AGILIS CAMPING(アジリス キャンピング)

MICHELIN AGILIS CAMPINGが2019/3/1に発売になる
「就寝用のベッドや調理を行なうキッチンなどの追加で車両重量が増えるキャンピングカーでの使用に対応するため、アジリス キャンピングでは商用車用の「LT/C」規格よりも空気圧設定を高め、高負荷での常用を実現。高荷重に対応しつつ、優れた耐久性や操縦安定性を発揮するキャンピングカー専用タイヤとしている。」
ということらしいが文面の赤字の部分が気になりミシュランのサポートに各タイヤの最大耐荷重時の空気圧を確認した
括弧書き内は最大負荷能力(単位:kg)
225/65 R16 CP 112Q(1120)・・・475kpa
215/75 R16 CP 113Q(1150)・・・475kpa
225/75 R16 CP 118R(1320)・・・525kpa
215/70 R15 CP 109Q(1030)・・・475kpa
225/70 R15 CP 112Q(1120)・・・475kpa
国内メーカーと同じ耐荷重でも空気圧はAGILIS(450kpa)より高いが国内タイヤよりはやはり低めの設定のようだ
それとキャンピングカーは後方に荷物が増えることがあるので、後輪の空気圧増やしたいときは後輪限定かつ後輪シングルタイヤ限定で空気圧を耐荷重限度空気圧より各タイヤともプラス75kpa増やすことができるそうだ(例 475kpa+75kpa=550kpa)
増やしたからと言って耐荷重限度が増えるわけではない
「AGILIS CAMPING」発売の目的は、国内で輸入キャンピングカー増加したことで、その替えのタイヤとして発売するということらしいが「AGILIS」のカムロード装着が増えたこともあるとは思いますが・・・
それにしてもミシュランのスピードレンジが高いね
Q・・・160km/h
R・・・170km/h
ちなみにブリジストンR202はL・・・120㎞/h

LotusGrill XL

とうとう買ってしまった!

中々いい色 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
FC-2554.jpg

本体ケース付
FC-2553.jpg
DPP_0012.jpg

使うのが楽しみ

HMAC-50 H&H オイルレス ミニコンプレッサー

先日DCコンプレッサーの通常使用に非力さを痛感したのでコンパクトACコンプレッサー導入
コンパクトなので車載用としても発電機があるのでいけます

HMAC-50 H&H オイルレス ミニコンプレッサー
ミシュランエアゲージ
エアホース5m ・・・ コイル状3mの持ってますが2m位でも引っ張られて使いにくいので追加
FC-2349.jpg
FC-2348.jpg

コンパクトながらも初めてのタンク付コンプレッサー
試運転「シュー」と音がするけど普通?
でもゲージが何もしないのにどんどん減圧してるからエア漏れ?
エアタンク付でサブゲージでエア圧調整できる仕様じゃなかったの?

分からないから取り敢えず接合部すべてシールやり直してみる
FC-2403.jpg

まだ漏れてるけど不良品?シールが甘い?

変なことしちゃう前にマイミクさんに相談したらすぐに手持ち品確認してくれて漏れなしなのでママレモン等の薄め液つけてエア漏れあればシール不良と言うことで持ち越し!

後日シャボン玉液つけて確認
プクプク泡2ヶ所(2・3)から出てるのでやり直さないと!
前回はシールを2周で密着も程々、今度は3周させて丁寧にシールしてよく密着させる
F1001355.jpg

試運転 頼むよ~
ブォ~ンとエアがタンクにたまり止まる、エア漏れなし、調整ノブをマイナスからプラスに回すとサブゲージ0.7mpaまで上げその状態維持、プラスからマイナスに回すとシューとエア排出し0.5mpaで止めてもそのまま維持、もちろんタンクにエアなくなれば補充され止まる
やっぱりシール不良でしたね、不良品でなくて良かった~
FC-2405.jpg

ミシュランエアゲージですが、やっぱり違うなと思ったのはエアモニの数値のバラつきがないこと(DCタイプにこれ付けて入れた)
DCコンンプレッサのゲージと比べるのは何ですが、このゲージで合わせた圧だとエアモニの上昇値が感覚的に2から3受信で左右同じ値になるけど、ミシュランの場合同時か1受信で合う感じ、きっとゲージのバラつきがないからでしょう
FC-2406.jpg

ちなみに多くのDCエアポンプにクローズタイプエアゲージ(握らないとエアーでないタイプ)使うと空気送り続けるためエアーが逃げないのでエアー逃し続けないと両方とも壊れる危険があります
プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.32l(2019/2)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク