スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のキャンピンリフォーム 外回り篇(1)

2006年型オルビスユーロ
前面
追加なし
FC-000249.jpg
左側面
追加 オートステップ
FC-000248.jpg
右側面 
追加 マルチルーム扉(カセットトイレ給水・グレータンク取出扉撤去)・床下収納(発電機燃料タンクがあり車両燃料タンク側へ移設して物入れへ)
FC-000250.jpg
後面
追加 サイクルキャリア・リアラダー
FC-000251.jpg

スポンサーサイト

我が家のキャンピンリフォーム 水周り篇

温水タンク追加
清水タンク交換
蛇口交換

旧清水タンク サードシート下です。
FC-000220.jpg
新清水タンク・温水タンク
シャワー設置のため温水設備追加したので、送水ポンプ追加する必要があり、
既存タンクへの加工が大変と言うことで清水タンク交換になりました。
点検口の位置が右側にずれています。送水ポンプは、消耗品なので交換しやすいようにですかね。
またタンクが上手く納まるようにシート拡張してあります。
FC-000219.jpg
清水タンクから温水タンクへの送水ボタンONで満タンになりポンプが止まったら送水ボタンOFF
温水にするには、発電機を動かし、温度調節ダイヤルを回して、後は設置温度になるまで待ちます。基本は、移動時に温め現地について快適使用みたいですから、追々慣れていこうと思います。
FC-000254.jpg
旧清水タンクの排水コック(ゴールドの金具)は、車内のサードシート内にありました。
FC-000221.jpg
新しい清水タンクの排水コックは、車輌運転席側の燃料の扉からアクセスになります。
ちょっと奥まっているので、開閉しづらいです。
ツララみたいなのはコーキング、ちゃんと処理しましょうねCWさん
FC-000222.jpg
今の排水はここですが、以前は排水コックがサードシート車両真ん中あたりなのでそのまま下に排水でした。
FC-000223.jpg
温水タンクの排水コックは、助手席側バッテリーの扉からのアクセスになります。
後付けなので仕方ありませんが、やはりこちらも奥まっているので、開閉しづらいです。オルビスイオの温泉タンクが、セカンドシートに設置されている理由ですかね?
また温泉タンクと排水コックの間は、常時温水のままなら平気かもしれませんが、そうもいきませんので寒冷地(スキーなど)の凍結対策が必要かもしれません。
FC-000252.jpg
排水はサブバッテリー右下辺りにされます。
FC-000253.jpg
蛇口は混合水洗に交換
FC-000217.jpg
混合水洗レバーを上げていくと水が出るのは一緒ですが、
レバーの途中までが清水ポンプのみ作動
そこから徐々に温水ポンプ作動し
最終的に温水器ポンプのみ作動します。
FC-000218.jpg

我が家のキャンピンリフォーム マルチルーム篇

シャワーを追加
トイレ(既存)
外部ドア追加

家のオルビスには、リア側上に棚が付いているので、その下にシャワーヘッド取付
上には、ファン付ルーフベントが見えます。ベントカバーも付いていて、強風や豪雨でない限り何時でも開けれます。
FC-000225.jpg
シャワーカーテンどのように付けようか思案中です。
FC-000230.jpg
外部ドア(1200×530)追加のためカセットトイレ一時取外しました。
FC-000226.jpg
復活
随分立派な化粧板です。濡れる事も考慮してるのかな。
FC-000229.jpg
FC-000228.jpg
思ったより外部ドアの幅がなく物の出し入れしづらいです。
カセットトイレをC200CWから背の低いC402にすればよいですが仕方ありません。
FC-000232.jpg
トイレットペーパーホルダー(既存)
FC-000224.jpg
鏡(既存)
フィルムみたいな素材で、ほぼ壁一面です。
設置台の厚さが2cmくらいあるため外そうかと思いましたが、折角付いているのでしばらく使ってみて考えます。
このお陰で狭さを感じにくいです。
ポージングでも決めっかな。
FC-000227.jpg
下から
FC-000231.jpg

我が家のキャンピンリフォーム 二段ベッドの窓篇

二段ベッドの上段ベッドの窓の処理、約10cmくらい開いています。

FC-000214.jpg
FC-000213.jpg
カーテンもちゃんと閉まります。
FC-000212.jpg
鍵の開閉も多少狭いですが問題ありません。
FC-000216.jpg

我が家のキャンピンリフォーム 二段ベッド篇

今回のリフォームで二段ベッドと温水の追加設置が、大変な作業だったようです。
二段ベッドになり、5人がゆったり寝ることができます。
購入前いろいろ調べ二段ベッド化は必須でしたが、リフォーム前に使ってみて5人までならダイネットフルフラット化ができれば、十分に過ごせると感じました。それとリアベッドは寝るとき頭をキッチン側にすると、キッチンの壁でちょっとの閉塞感と天井までの高さで開放感があり、開放的個室みたいな快適空間でお気に入りの場所でした。でも家の場合は、災害車的考えもあり一時的に7~8人寝ることも前提ですのでこれがベストですがね。

正面
二段ベッド仕様でないため、窓は大きいのが一枚付いています。なのでただ上段ベッドを付けると窓とカーテンの開閉ができません。そのため開閉がしやすいように空間が開いています。(別にup)
注:向きはリアに向かって(運転席側を背に向けて)左右としています。

上段ベットは固定式です。
リアダイネットになれば最高でしたが予算的に厳しいので断念。
FC-000201.jpg
右側
FC-000207.jpg
FC-000208.jpg
右側ベッド上段
FC-000209.jpg
右側ベッド下段
FC-000210.jpg
左側
上段には収納庫がありました。
FC-000202.jpg
収納庫は結構広いです。
FC-000203.jpg
上段ベット左側
FC-000204.jpg
下段ベッド左側
右上の黒いのは、物入れ照明の配線でそのまま流用で下段ベッド照明として移設
FC-000205.jpg
FC-000206.jpg

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。