スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイネットエアコン清掃

エアコンクリーニングしてもらいました。
自分でしても良かったのですが、自宅コンロ交換ついでに頼んでみました。
カバー取り外し中
FC-000302.jpg
養生中
FC-000303.jpg
FC-000306.jpg
洗浄中
FC-000307.jpg
ドレンから出てきた汚れ
それなりに汚れていますが、思ったより汚れていませんね。と思った瞬間・別のバケツが・・・
FC-000304.jpg
吹き出し口からの汚れ
すごい汚い、黒い塊はカビだそうです。まだきれいなほうみたい。
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
FC-000308.jpg
心なしか輝いて見えます
前回キャラバンでは汚れが心配なので使用しませんでした。
使わなくて良かった; ホッ!
今回は頼んで正解・これで安心して使用できますヽ(^◇^*)/ ワーイ
FC-000312.jpg

ちなみ興味ないとは思いますが、十年以上使ったコンロ 
汚すぎて・ごめんちゃいm(_ _)m

FC-000313.jpg

スポンサーサイト

お泊り4 伊豆最終日

7月16日
今日は帰るだけなのでお気楽モードです。
これまでたいした渋滞もなく、海老名SAで朝を迎えました。
朝食後8:30頃横浜山下公園へ出発
横浜町田ICも早い時間なので渋滞なく通過、こちら方面は久々なのでナビ頼りですが、分岐通過後案内されて、何回か道間違えましたが10:20頃山下公園近くに到着
どこに停めようかパーキング料金見ると30分500円位が多いです。高っ!車高がなければ選べるけどね。
で・2時間500円以後30分ごと300円の大さん橋近くのコインパーキングに停めました。
横浜山下公園からみなとみらい21
FC-000295.jpg
象の鼻テラス・象がいるよまた安直な(; ̄O ̄)
FC-000296.jpg
赤れんが倉庫 雰囲気がすごい変わっちゃてる!?(・_・;?
FC-000297.jpg
よこはまコスモワールドに、やっぱり来てしまいました。
FC-000298.jpg
FC-000299.jpg
FC-000300.jpg
横浜中華街で食事しましたが、だいぶ雰囲気変わりましたね。わざわざ来てまでは・・・
すしざんまいが中華街に(゚o゚;;
一番目についたのは甘栗美味しいよ~甘いよ~試食してって~( ? _ ? )
FC-000301.jpg
今回はいろいろ洗礼を受けました。狭い道・急坂・停止線オーバーランなど今後の安全運転のため、いい経験になりました。

おしまい

今回リフォーム後初めての感想
・2段ベットにして就寝が一人増えたのでかなり快適に過ごせました。いずれ慣れると思いますが、下段ベットは閉塞感が若干ありみたいです。通常2段ベット仕様に窓がそれぞれについている理由が分かりました。
・マットは以前のものよりソフトになっているので、心配していましたが今のところ大丈夫です。
・トイレ初使用しましたが、やっぱりあると快適です。心配していた臭いも大丈夫でした。真夏にならないと分かりませんがね。消臭剤は、かわいいHEROさん参考にODORLOSです。

お泊り4 伊豆2日目 2/2

14:30頃熱川バナナワニ園に到着
ここも下から覗ける水槽になっています。大型ワニなら迫力あるのにな。このワニは1.2m位
FC-000287.jpg
FC-000288.jpg
食事の時間・やっぱり迫力ありました。
FC-000289.jpg
しろわに色素が薄いだけです
FC-000290.jpg
大阪で見つかった化石の模型
でかい!?
FC-000291.jpg
バナナって木じゃないんだね。
草の一種だそうです。
FC-000292.jpg
温泉が湧き出ている、櫓みたいの熱川は結構見ますね。
なんかすごい(≧∀≦)
FC-000294.jpg
明日は横浜山下公園あたりぷらぷらして早めに帰宅。
その前に温泉で一休みということで、バナナワニ園の人にリサーチすると、熱川あたりは17:00までが多いらしく日帰りなら高磯の湯と言われ向かうことに、着いてみると海辺に降りる階段横に受付小屋?おじさんにここで合ってるか確認、どうやら間違いない。ここは純粋に温泉を楽しむ場所みたいです。ボディソープ等使用不可です。家にはそぐわない場所でした。なので伊東から来るときあったDHC赤沢日帰り温泉館へ
17:20頃到着
料金は高めですが(3Fと4Fに温泉があり今回は4Fが男性)、外風呂からの海の眺めがよかったです。なかなか快適にくつろぐことができました。食事もここで済ませ20:30頃帰路へ
23:50頃海老名SAで就寝
おやすみなさい・・
明日は横浜山下公園・横浜中華街へ

お泊り4 伊豆2日目 1/2

7月15日
道の駅伊東マリンタウンで朝を迎えました。
今日もいい天気になりそうです。
FC-000263.jpg
朝食後、伊豆シャボテン公園へ8:30頃出発
さほど離れいないので8:50頃開園前に到着
久々にきましたが、ここまで結構キツイ上りでした。
FC-000264.jpg
入場後お決まりの写真撮影、動物の人形持たされました
動物とふれあい・サボテン見て・・?
FC-000266.jpg
FC-000273.jpg
FC-000274.jpg
FC-000271.jpg
大室山
FC-000268.jpg
一番大きいサボテンは160年らしい(右側)
FC-000277.jpg
サボテンじゃないずら(ドクロマークは毒があるのではなく、サボテンじゃないマーク、まぎわらしい!)
FC-000276.jpg
どうも子供たちの反応が今一です。入場時渡されたパンフレットの乗り物の写真が気になっているようです。特に三男坊ですがね。
園内のどこにあるのかよく見ると系列の伊豆ぐらんぱる公園のようです。別かよ(・・;)
妻にも子供たちにはここより・・といわれ、予定外ですが行くことに(´д`)
下りが結構キツイです。強めにブレーキ踏まないと車が止まらない。危うくアストンマーチンにカマホルところでした。
(゜Д゜;≡;゜Д゜)あぶね!まだまだ経験不足ですな~
11:30頃伊豆ぐらんぱる公園到着
早めに昼食して1時間位遊ばせて、熱川バナナワニ園にいきます。
FC-000281.jpg
FC-000282.jpg
FC-000284.jpg
FC-000285.jpg
FC-000286.jpg
ここには初めて来ました。入場料以外に乗り物代もかかりますが、アスレチックやトランポリンんなど料金がかからない物もあります。おもしろ自転車(有料)もあったので来てよかったかな。修善寺のサイクルスポーツセンターには今回行けないので・・
熱川バナナワニ園(2/2)へ
つづく

お泊り4 伊豆1日目

7月15日7月14日
午前中は洗車して、午後子ども達が帰宅後出発と思いきや、三男坊の宿題が3連休だからかいつもより多いまんべんなく出せ!
ということで今日の移動シュミレーションでもしよ(^^;)
今日の目的地は、時間的に観光は無理なので、宿泊地の道の駅伊東マリンタウン
Googleでは3時間位ですが、以前GWに下田に行くのに午前8時に出発して、午後8時についたニガイ経験があり、以後伊豆方面は避けていたので心配ではあります。
本当は道の駅で食事と温泉と泊まりが出来ればいいのですが、出発時間によっては、無理なので途中で温泉と食事を考えなければいけませんが、食事はコンビにでもいいかと思い、残る温泉選び、湯河原温泉ゆとろ嵯峨沢の湯が23:00まで(最終受付22:00)なのでココに間に合う時間に出たいな~三男坊しだいです☆彡(-人-;)お願い

結局16:30頃出発微妙な時間です。
東名まで混んでましたが、18:20頃海老名SA到着
お腹が空いてくる時間なのでここで食事するか協議した結果、湯河原温泉ゆとろ嵯峨沢の湯でも食事ができるので、ここでは軽く食べることにして19:00頃出発しましたが、途中お腹が空いてしまい真鶴あたりで食事して、21:00頃湯河原温泉ゆとろ嵯峨沢の湯に到着
ここまでは、真鶴駅近くから入いるバス通りを通って来ました。帰りはナビ通り最短で国道135号最後の20mくらいは急坂・車一台幅です。急過ぎて二回道が消えました((((゜д゜;))))
FC-000261.jpg
FC-000262.jpg
温泉はというと
この辺では、遅くまでやっている施設がないので混んでいました。
湯船の数はありますが広くはないです。また塩素臭も多少します。でもさっぱりしたので('-^*)ok
あとは道の駅伊東マリンタウンへラストスパート 1時間弱がんばろ!
国道135号を進み何度か後続車に道を譲りながら車列を引き連れてる内に、道の駅の看板が見え、0:10頃ほぼ予定通り到着
駐車場混み具合は3割位でしょうか?さてどこ止めよう?外は涼しいですが車内は暑いので、エンジン掛けエアコンつけて寝ている車が多いです。
看板近くは明るいせいか駐車が少ないのでこの辺で就寝
おやすみなさい・・・

明日は伊豆シャボテン公園と熱川バナナワニ園へ
つづく


お泊り前に洗車

7月15日7月14日
今日は、リフォームしてからの初めてのお泊まり( ̄∇+ ̄)vキラーン
しかし、子ども達は学校があるため、出発予定は午後なので先日仕入れたクリーナーで洗車
3Mレストア&ワックス(左)
家の車は5年以上経っているので、クリーナー&ワックス(メンテナンス用)では効果が薄いそうなのでこちらを選択
使い方・・原液又は1倍から5倍に水で薄めてコシコシ

バンテックびっくりクリーナー(右)
どんなにびっくりするの!と試したく購入、今回は使用していません。
使い方・・ボディーに水を掛けスポンジに適量つけコシコシ

購入時、上記二つではUV効果はないので、野ざらしなら
びっくりクリーナー+レストア&ワックスと
びっくりクリーナー+UVプロテクト(購入予定)
を2ヶ月ごとに交互に使用すると良い状態が保てると教えてもらいました。

但し、今回購入品は、両方とも研磨剤入りですから様子見ながら、使用していきたいと思います。

FC-000256.jpg

今回はレストア&ワックスのみでどこまでキレイになるかやってみました。
以前他の方のHPで、水掛けて、スポンジに原液を5カ所位につけて1m四方づつコシコシしたら、水掛けて、かにさん移動してを繰り返しの洗車を真似していざ洗車
まずボディ右側面濡らして、5カ所位スポンジにプシュあれでない押しが甘いかなプシュ
あ!(・∀・)20㎝位出ちゃった
かなり強力だと聞いてたのでどうしたもんかな~ が!出ちゃったものは仕方ないコシコシ、う~んつけ過ぎでも以外に落ちない、確かに黒ずみは何回か擦ると消えています。なので研磨されているのは間違いない。取り敢えず水掛→コシコシ→水掛を繰り返し終了
今回バンクヘッドの艶が多少でるかなと期待しましたがイマイチでしたが、使用後のスポンジが黒ずんでいたので一皮剥けたのかな。
やはり継続使用しないと効果なさそうです。

結果は、キャラバン後の水洗いの時、バンクヘッドの虫が落ちやすいような気がしました。
また側面に水掛するとワックスが効いて、弾きながら水が落ちてきます。効果はあったようです。たぶんね(^^;)

今回使ったスポンジはこれ
ハンディーにもなります。
FC-000257.jpg
FC-000258.jpg
FC-000259.jpg

続きを読む

我が家のキャンピンリフォーム 水周り篇

温水タンク追加
清水タンク交換
蛇口交換

旧清水タンク サードシート下です。
FC-000220.jpg
新清水タンク・温水タンク
シャワー設置のため温水設備追加したので、送水ポンプ追加する必要があり、
既存タンクへの加工が大変と言うことで清水タンク交換になりました。
点検口の位置が右側にずれています。送水ポンプは、消耗品なので交換しやすいようにですかね。
またタンクが上手く納まるようにシート拡張してあります。
FC-000219.jpg
清水タンクから温水タンクへの送水ボタンONで満タンになりポンプが止まったら送水ボタンOFF
温水にするには、発電機を動かし、温度調節ダイヤルを回して、後は設置温度になるまで待ちます。基本は、移動時に温め現地について快適使用みたいですから、追々慣れていこうと思います。
FC-000254.jpg
旧清水タンクの排水コック(ゴールドの金具)は、車内のサードシート内にありました。
FC-000221.jpg
新しい清水タンクの排水コックは、車輌運転席側の燃料の扉からアクセスになります。
ちょっと奥まっているので、開閉しづらいです。
ツララみたいなのはコーキング、ちゃんと処理しましょうねCWさん
FC-000222.jpg
今の排水はここですが、以前は排水コックがサードシート車両真ん中あたりなのでそのまま下に排水でした。
FC-000223.jpg
温水タンクの排水コックは、助手席側バッテリーの扉からのアクセスになります。
後付けなので仕方ありませんが、やはりこちらも奥まっているので、開閉しづらいです。オルビスイオの温泉タンクが、セカンドシートに設置されている理由ですかね?
また温泉タンクと排水コックの間は、常時温水のままなら平気かもしれませんが、そうもいきませんので寒冷地(スキーなど)の凍結対策が必要かもしれません。
FC-000252.jpg
排水はサブバッテリー右下辺りにされます。
FC-000253.jpg
蛇口は混合水洗に交換
FC-000217.jpg
混合水洗レバーを上げていくと水が出るのは一緒ですが、
レバーの途中までが清水ポンプのみ作動
そこから徐々に温水ポンプ作動し
最終的に温水器ポンプのみ作動します。
FC-000218.jpg

我が家のキャンピンリフォーム マルチルーム篇

シャワーを追加
トイレ(既存)
外部ドア追加

家のオルビスには、リア側上に棚が付いているので、その下にシャワーヘッド取付
上には、ファン付ルーフベントが見えます。ベントカバーも付いていて、強風や豪雨でない限り何時でも開けれます。
FC-000225.jpg
シャワーカーテンどのように付けようか思案中です。
FC-000230.jpg
外部ドア(1200×530)追加のためカセットトイレ一時取外しました。
FC-000226.jpg
復活
随分立派な化粧板です。濡れる事も考慮してるのかな。
FC-000229.jpg
FC-000228.jpg
思ったより外部ドアの幅がなく物の出し入れしづらいです。
カセットトイレをC200CWから背の低いC402にすればよいですが仕方ありません。
FC-000232.jpg
トイレットペーパーホルダー(既存)
FC-000224.jpg
鏡(既存)
フィルムみたいな素材で、ほぼ壁一面です。
設置台の厚さが2cmくらいあるため外そうかと思いましたが、折角付いているのでしばらく使ってみて考えます。
このお陰で狭さを感じにくいです。
ポージングでも決めっかな。
FC-000227.jpg
下から
FC-000231.jpg

我が家のキャンピンリフォーム 二段ベッドの窓篇

二段ベッドの上段ベッドの窓の処理、約10cmくらい開いています。

FC-000214.jpg
FC-000213.jpg
カーテンもちゃんと閉まります。
FC-000212.jpg
鍵の開閉も多少狭いですが問題ありません。
FC-000216.jpg

我が家のキャンピンリフォーム 二段ベッド篇

今回のリフォームで二段ベッドと温水の追加設置が、大変な作業だったようです。
二段ベッドになり、5人がゆったり寝ることができます。
購入前いろいろ調べ二段ベッド化は必須でしたが、リフォーム前に使ってみて5人までならダイネットフルフラット化ができれば、十分に過ごせると感じました。それとリアベッドは寝るとき頭をキッチン側にすると、キッチンの壁でちょっとの閉塞感と天井までの高さで開放感があり、開放的個室みたいな快適空間でお気に入りの場所でした。でも家の場合は、災害車的考えもあり一時的に7~8人寝ることも前提ですのでこれがベストですがね。

正面
二段ベッド仕様でないため、窓は大きいのが一枚付いています。なのでただ上段ベッドを付けると窓とカーテンの開閉ができません。そのため開閉がしやすいように空間が開いています。(別にup)
注:向きはリアに向かって(運転席側を背に向けて)左右としています。

上段ベットは固定式です。
リアダイネットになれば最高でしたが予算的に厳しいので断念。
FC-000201.jpg
右側
FC-000207.jpg
FC-000208.jpg
右側ベッド上段
FC-000209.jpg
右側ベッド下段
FC-000210.jpg
左側
上段には収納庫がありました。
FC-000202.jpg
収納庫は結構広いです。
FC-000203.jpg
上段ベット左側
FC-000204.jpg
下段ベッド左側
右上の黒いのは、物入れ照明の配線でそのまま流用で下段ベッド照明として移設
FC-000205.jpg
FC-000206.jpg

我が家のキャンピンリフォーム バンクベッド篇

バンクベッドは、マット以外特別変更ありません。比較が昼夜の差があり分かりづらかったかな。
FC-000194.jpg
FC-000195.jpg
家のオルビスのバンクベッドにはライトが二つで、左右側面の対角線上に付いています。あとマットについてですが、以前のモノより硬さが柔らかくなっていて、多少厚みがあるようです。左側面窓下に、黒いはがし漏れテープが一部隠れていることからもわかります。
FC-000196.jpg
FC-000197.jpg
FC-000198.jpg
FC-000199.jpg

我が家のキャンピンリフォーム ダイネット篇

今回サードシート拡張に合わせマットは、すべて交換しました。
基本イオカラーになっただけで、目新しいカラクリもありません。
でもマットが変わると大分イメージ変わりました。
変更箇所一気に掲載しようと思いましたが、数が多いので数回に分けて紹介いたします。
ちなみに旧内装もお気に入りでしたので、マットすべて保存しようとしましたが、
あまりの量に断念、ダイネットマット一部のみ残しました。それでも結構かさばります。
ちなみに、大物はバンクベット奥マット2m×0.6m近くありました。

ダイネット変更(カラー・改造等H24年5月現在です。)
マット・・・イオカラー
セカンドシート横補助マット追加
ダイネットテーブル・・・使いやすいように通常仕様?

移動や食事等で使用時
とんがりテーブルから丸型に変わり、細長く感じましたがテーブルの奥行き同じです。
FC-000183.jpg
FC-000184.jpg
ベッド使用時
サードシート拡張したので、子供と二人なら余裕で寝れます。
大人2人でも寝れますが、ちょっとキツイです。ちなみにラブラブな方なら余裕です。
FC-000185.jpg
FC-000186.jpg
角度を変えて見てみます。
旧マット時は、手前かまぼこマットを外し、テーブル下に入れて寝てました。
テーブルの上に載っているマットは、手前がサードシート背もたれ上のマット、その上がセカンドシート背もたれ下マットです。
新マットも同じ要領です。今背もたれは、間違いでかまぼこ型が付いていますが、後日二つともフラットに変更になります。
通常は、この仕様なので寝てみましたが、微妙に高いです。
あと納車時教えてもらったのが下3枚目写真のかまぼこ裏返し、フラット面ですがやはり微妙に高いです。アイデアはよかったのですが残念ちなみに真ん中マット、かまぼこ二つだとうまく収まりません。
もう一つありそれは、足元は多少凸凹していても、気になりにくいということで、セカンドかサードシート座面マットをテーブルに載せ、本来テーブル上に載せるマットを、空いたとこ埋めるらしいですが、セットも大変なので試していません。
私的には、旧マットのフラットマットとかまぼこマットセットが見栄えと実用が兼ね備えているように感じました。
FC-000187.jpg
FC-000188.jpg
FC-0001189.jpg
私は、運転後すぐ寝れるようにココからキャブ部に滑り込むことが多いため、板だけより、やはり良いです。
停車時も座れて便利ですし。
FC-000142.jpg
マット追加に伴い板交換、後ろに見えるのは補助マット、背もたれのマットは付けませんでした。
FC-0001192.jpg
FC-0001191.jpg
板は、セカンド、サードシート板と同じ物ですが、小さいため軽いです。マットあれば問題ありません。
FC-0001193.jpg

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。