ハンドルカバー

購入品
JUNCTION PRODUCE MISSIONS
レザーハンドルカバー Lサイズ(ハンドル外径39.6~41.0cm) ホワイト
FC-000716.jpg
ほかにメッシュ レザーハンドルカバー(握り手あたりがメッシュ)もあります。
色は各ホワイト・ブラック

カムロードハンドルサイズは41㎝

このハンドルカバー オルビスユーロ購入後すぐ買っていたのですが、リフォーム等あったので装着しないでいました。
装着ですが、ハンドルカバーつけた事ある方ならお分かりと思いますが、本当につくのかと思うくらいかなりキツキツです。焦らず徐々にはめれば(力技少しあり)つきます。
握り心地は柔らかめでいい感じです( ̄ー ̄)ニヤリッ
FC-000759.jpg
FC-000717.jpg

スポンサーサイト

野田市清水公園フィールドアスチック

9月16日
今日は千葉県野田市の清水公園フィールドアスレチックに来ました。
こちらの駐車場は、第1~第4駐車場まであります。今回停めたのは、第3駐車場
FC-000732.jpg
FC-000734.jpg
フィールドアスレチックに到着
FC-000735.jpg
コースは3種類
ファミリーコース(池1つあり)
冒険コース(少し池あり)
水上コース(池のみ)

今日は3連休中日で混んでいますが、子供たちやる気満々ファミリーコース スタート
コース最初の方は順番待ちも順調にこなし
FC-000736.jpg
FC-000737.jpg
FC-000739.jpg
飛び移れずそのまま下半身ぬれました(^-^)
FC-000740.jpg
この後いくつかこなしましたが、小雨がぱらぱら降ってきたので本降りになる前に水上コースに移動
雨が降り続くと水上コースと丸太のアスレチックは使用不可になります。
FC-000741.jpg
水上コース入口の吊り橋も混んでます
FC-000742.jpg
最初のここで水に濡れたくないので、振り子状態を4、5回するので渋滞です。
家の子供たちは2回トライして迂回しました(^^ゞ
FC-000755.jpg
何とかここまできました。
長男、弟たちの分まで引っ張り上げて活躍(^-^)v
FC-000754.jpg
FC-000746.jpg
ここも無事通過
FC-000747.jpg
最後の難関
二男無事通過、三男迂回
長男・・・
FC-000748.jpg
落ちました。最後の最後にやってくれましたo(^o^)o
FC-000749.jpg
3時間弱よくかんばりました。遅い昼食後、強い通り雨がありコースも前述の通り閉鎖になった事と子供たちも疲れたみたいなので、早めに退散して向かった場所は、近くにある七光台温泉
FC-000750.jpg
サッパリして帰宅(*^_^*)

清水公園 千葉県野田市
http://www.shimizu-kouen.com/
七光台温泉 千葉県野田市
http://www.yaz-nana.jp/

北海道まとめ(備忘録)

今回の楽しかった北海道旅行終えて感じたことなど、今後のため記録しておこうと思います。

給油
車両
トータル 410.14 l 3386.3km
8/11  55.00 l 469km 東北道前沢SA
8/12  62.53 l 492km 小樽市新光
8/13  39.60 l 401km 稚内市宗谷岬
8/15  50.00 l 439km 鹿追町西町
8/16  66.71 l 593km 函館市亀田本町
8/17  67.00 l 482km 東北道安達太良SA
8/18  69.30 l 510km 自宅近く

発電機
トータル 24.17 l 34時間06分59秒
8/13 10.12 l 15時間56分03秒
8/17  8.57 l 12時間36分05秒
8/18  6.02 l 06時間22分13秒

初めての北海道やっぱり広い。
移動がもうちょっと楽かなと思ってましたが、考え甘甘でした、今回夜移動が200~300Km近い移動距離があり、そもそも200kmあったら時速70kmで走れば3時間くらいですから、一般道・常にこの速度維持できないので、当たり前といえば当たり前ですが・・・
移動時間はガイドブックなどとほぼ一緒でした。
※北海道では、一般道メインで最後の方疲れもあり、気遣いが少ない高速使いました。
本州では高速使わないと・かつかつ移動なので厳しい距離。

 反省
北海道は広いので分割して回らないと移動だけになることも。私には、ちと今回日数的に欲張りすぎました。時間は速度以上に縮まらないことを痛感。
また頑張りすぎは良くないし、下調べは綿密にすればもっと楽しい。現地でゆっくり調べる余裕なかった。
一箇所・後ろ髪ひかれるくらいの見学じゃないといろいろ回れない。一つ一つ楽しみすぎちゃいました。
旅慣れしていないので、当たり前のこと痛感(´_`。)グスン

 車使用感など
オルビスユーロ(カムロードディーゼルターボ2500cc)の北海道で使用感は、不安がなかったし、不満も特にありません。
車重がかなりあること考えればよく走ってくれました。

懸案であったシート交換するか?しないか?も疲れは軽減される可能性はありますが(重要ですがね爆)、取あえず腰痛等もほとんどなくノーマルシートでOKだったので保留。

ホイールもタイヤも問題なし。

行く直前ハンドルカバー取付、握りやすくなって上々(≧∇≦)b OK

エントランス靴置き横に電池式明るさ感知ライト取付、夜の乗降時明るくて上々(≧∇≦)b OK

エントランスオートステップ・・当初エントランスステップが付いていないので、頻繁に家族が出入りするのでオートか手動で迷いましたが、手動アルミステップで十分と判断し購入時追加しました。
しかしGWお泊りの乗降時(まだステップ未装着)、豪雨に遭い、ずぶ濡れで誰が出して?誰がしまうの?結局使わなくなる?と疑問に思い、オートに変更しました。
結果は便利です。降りるとき出して降りる安心感もありますし、乗るとき・かがんで出す必要もなく、最後の人も乗ってからしまえますし、走り出してミラーでしまい忘れに気づいても、閉まってと声かければ格納してもらえます。(何回もありました)

 出発前心配事
燃料補給 車両・発電機
車両側はタンクが大きいので大丈夫として、発電機の燃料が切れると不便(車内から残量確認不可)なので補助タンク購入検討しましたが、20Lか10Lか悩んでいるうちに結局購入しませんでした。
結果、燃料不足になることになく終了、発電機34時間弱しか使用しませんでした。走行中ダイネット走行エアコン使用していたので、ダイネット家庭用エアコン(発電機必要)使用しなかったのと停車中エアコンなし(汗かきかき就寝もあり)が大きいのかもしれません。

 給排水・トイレ
給水
事前に情報集めしましたが、給水ホース・タンクどれが良いか、やっぱり分からず買わずじまい。
でもタンクはいるよなと青森で給水タンク20Lのみ購入。
予想に反しほとんど使わず、ほぼ満水帰宅。
歯磨き、洗顔はお風呂や道の駅などで済ませました。

排水
上記の通りなので、排水しないで帰宅後処理。
排水ホースは、5m用意しました。

トイレ
買い物ついでなどコンビニや道の駅など利用で、事足りてしまい、車のトイレガンガン使用するつもりが、3回くらいしか使いませんでした。タンク満タンになるはずなく帰宅後処理。

 食事
我が家の食事は、朝はコンビニやスーパー食がほとんどで、昼夜はお店でするスタイルでした。
伊豆での食事代とどっこい(どういうこと?)
購入デビュー時、近いうちにするつもりで自炊宣言しましたが、時間が必要ですよ頑張ってとご指導いただきました、今回やっぱり時間なく暫くは出来ない事がわかりました(無理?初めから分かっていた?)。我が家にはまだ早いようなので、あえなく自炊宣言撤回(撃沈)

 参考にしたサイト
キャンピングワークス オーナズリンク
http://www.camping-works.com/o-na-zu-link.html
北海道記事すべて読み大変でしたが、大体の移動距離が分かり参考になりました。
また北海道以外でも旅の手がかりがあります。

北の道の駅
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/index.html
道の駅と道の駅の距離や走行場所の起伏が分かります。
ここで北海道道の駅全マップうちだし、寝床の参照などしました。

北海道.com
http://h-takarajima.com/
こちらでは、HOT AIR(気球 無係留フライト)の予約しました。
直接予約はないみたいです。他にも体験もの多数あります。

 コインランドリー
北海道ツーリング情報館>北海道のコインランドリー
http://hokkaidotouring.ina-ka.com/coinrandori00.html

カイトコインランドリー
http://www.coin-laundry.info/index.html

北海道旭川市コインランドリー WASH+洗濯日記
http://orange.ap.teacup.com/wash-toyooka/

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

お泊り5 北海道8日目

8月17日
今日は、東北道→磐越道→関越道→首都高→帰宅
昨日は睡魔には勝てず金成PAにて24:00すぎ到着し就寝
金成PAで朝をむかえ、朝食とるため長者原SAにむかい、9:00頃到着
FC-000684.jpg
今日中に帰宅のため、朝食後先を急ぎます。
途中安達太良SAで休息11:00頃
FC-000686.jpg
ここに来るまで上りが結構あり、加速しきらない場面が多々ありました。
ほぼ並走していた写真のZILさん多分3000ccディーゼルターボ、家の2500ccディーゼルターボと比べて余裕そうでした。
FC-000685.jpg
郡山JCTより磐越道へ
猪苗代湖・会津を通過して北陸道にぬけ黒埼PAにて昼食13:50頃
FC-000688.jpg
この後お墓参り
お盆すぎているのでお供え物などきれいになっています。
無事に帰ってきたこと報告して
15:20頃新潟をあとにして、自宅に帰ります。
ここからは走り慣れた道、気分的には楽です。
道の駅よしおか温泉目指しましたが、関越道に入り六日町越えた辺りから前橋付近渋滞数十キロの表示 「(´へ`;ウーム
時間的に大変かなと思い、行き先変更して湯沢ICで降り、苗場の雪ささの湯に行くことに。
いやーここに行くまでトンネルがありますが、高さ制限やトンネル内のアーチ部分に擦った後があり、大丈夫だと分かっていても冷や汗もんでした。
雪ささの湯には17:40頃到着
FC-000690.jpg
なぜか見ざる言わざる聞かざる
FC-000692.jpg
ここまでのバンクヘッド汚れ
こびりついた虫あとは取れていませんが、雨も多かったのできれいな方ですかね。
FC-000691.jpg
お風呂から出てきて豪雨w(゚o゚)w オオー!
ここで食事もできますがメニュー数が少なすぎで、1時間もあれば高速にいけるのでむかうことに・・・
キャンピンで雨と霧の三国峠ガンガン攻めて(気持ちだけ・20Km以下w)上里SAに20:00頃到着
FC-000693.jpg
何食べようかな
FC-000694.jpg
着く時間も遅いだろうと最後に記念撮影
FC-000695.jpg
23:20頃無事自宅到着
北海道旅行は青森港着いた時点で終わった感じはありますが、旅の終わりは帰宅までともいいますから、北海道旅行を無事終えホッとしています。
FC-000696.jpg

総走行距離 3386.3Km 総給油量 410.4l
発電機総使用時間 34時間06分59秒 総給油量24.17 l

・・・・おわり・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

お泊り5 北海道7日目 2/2

8月16日つづき
函館港 津軽海峡フェリーターミナル15:30頃到着
予約番号2つあるためスマートチェックインで質問したら、ターミナルでお願いしますと回答がありこちらでチェックイン、結果は同時に予約している場合は、片方の予約番号で2つともチャックインできるみたいです、すなわちスマートチャックインで1回入力で完了です。
FC-000644.jpg
今回帰路に乗るのは・・・高速艇ナッチャンWorld どんなのか楽しみ\(^▽^)/
FC-000645.jpg
チャックイン後乗船始まっているのでそちらに移動 この中では一番に乗船
FC-000646.jpg
FC-000647.jpg
乗船!行きとは規模違います。感動(^O^)v
FC-000648.jpg
客室へ エスカレーターしかも足ふきマット 感動(^O^)v
行きは貨物船でしたからね、マットなんてありません。
FC-000649.jpg
お~!でけ~ で家らはどこへ行けば?
FC-000666.jpg
聞いたら上ですと、これ上ります。何やら立看が 「これより先・・・見学ご遠慮ください」w( ̄o ̄)w オオー!
FC-000664.jpg
上がってビックリ!マッサージチェアー(写真なし)があります。
どうやらマイミクさんブログ見ていいな程度で、高いけど初めてだし、今夏限定だし、またいつこれるか分からないしと安易に決めましたが、こいつはファーストクラスだな!家族みんな興奮状態 ヤレヤレ  ┐(´ー`)┌ マイッタネ
ここの名前はエグゼクティブクワット
FC-000650.jpg
テレビまでついてます。
FC-000651.jpg
もちろん撮りましたよ
FC-000652.jpg
そろそろ出航です。
この状態から
FC-000653.jpg
FC-000654.jpg
ここまで2分弱 意外と早いのね。
FC-000655.jpg
とうとう北海道ともお別れの時間です。 (TヘT)
スクリューが動き始めたとたん、一瞬で・すごい勢いでジャグジー状態、すごいパワーに驚きです。
左舷後ろ
FC-000656.jpg
右舷後ろ
FC-000657.jpg
函館が・・・ 北海道が・・・ 離れていきます・・・
FC-000659.jpg
カモメのお見送り
FC-000661.jpg
てか餌もらいに来てるのか!用意してません!
FC-000662.jpg
私は一休みします。 気持ちいいね~
FC-000667.jpg
一休みしてちょっと船内散策(てほどでもありませんがね)
FC-000663.jpg
カフェ・お弁当も販売
FC-000665.jpg
トイレに行ったら上と下で違うのね。 w( ̄o ̄)w オオー!
上の化粧室には、シャワー室(奥)があり自由に使えます。
FC-000669.jpg
下の化粧室には、シャワー室ありませんがとてもきれいです。貨物船とは違います。
FC-000674.jpg
なんてことしてる間に北海道遥か彼方です
FC-000675.jpg
途中青函フェリー(行きに乗船)とすれ違いました。
FC-000676.jpg
もうちょっと休むかなと思うも束の間、下船準備のアナウンス
急がなくても大丈夫とマイミクさんブログで確認していたのでゆっくり車に行きました。
FC-000677.jpg
下船準備 すごい数の車輌です。
FC-000678.jpg
下船開始
FC-000679.jpg
青森港に着きましたね。不思議ですが何かホッとしました。陸続きの安心感でしょうかね (*^-^)
FC-000680.jpg
行きは3時間50分・帰りは2時間45分、1時間の差は大きいですねあっと言う間に青森港到着しました。
青函フェリーと津軽海峡フェリー(ナッチャンWorld)の差がありすぎ、かなり感動でしたが、だからといって青函フェリーが悪いという印象はありません。寝転がっているとき、同じようなエンジンの振動感じましたし、逆にトラックが多いので乗船人数少ないので快適でした。夜便だからかもしれませんが。
家にとっての帰りの船はアトラクションの一部でしたね。

下船後 長尾中華そばにて夕食
こちらで品川№のキャラバンの方も食事されていました。お互い気をつけて帰りましょ!
妻はこれ 私は中華そば おいしかった。
しじみフッらしています。次は十三湖まで行ってね。いつか・・・
FC-000681.jpg
お腹も膨れてお風呂・やっぱりここ
FC-000682.jpg
町の明かり(右)とないとこ(左)境目が家の方では見ない光景きれいです。
FC-000683.jpg
お風呂に入ってさっぱり (*´∇`*) さー寝るかと言いたいとこですが帰路につきます。
今日はまっすぐ自宅に帰らず、新潟(墓参り)経由で帰宅します。
なので 北海道の旅はここで終わりです。
つたないブログお付合いありがとうございました。
取敢えずつづく

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク