オルタネーター交換 カムロード

去年の夏頃から時々キュルキュル音が出るようになりました。
それから約10ヵ月やっと解決

原因はプーリー、これだけ交換でもいいのですが距離も約8万7千走っているのでオルタネーター交換、ファンベルトは交換して2年なので、悩むとこですが消耗品なので交換

参考に自分の場合
・ベルト滑りは キュィ~~ン 懐かしのターボ音に似てました。
・プーリーは キュルキュル

以下は実際の音、どちらも同じですね。
タイトルクリックすれば再生します。

出始めの頃の音
http://youtu.be/BHUFtRve9UY

交換修理確定の時の音
http://youtu.be/pEJoHOqrAMA

参考
FC-1979.jpg

新品オルタネーター約10万円、プーリーだけなら約1万円 工賃はどれも作業工程は、ほぼ変わらないので一緒

スポンサーサイト

タイヤ空気圧

当たり前だけどタイヤ空気圧って外気温などで変動してる。
週末になって日中にタイヤの空気圧みたら日向側と日陰側で0.2kgf/c㎡位違ってるし、日中と夜では0.4位変動することもある。(駐車場から一切移動していない状態)
空気圧管理は必要だけどあまり神経質になるのも疲れてしまいますが、一度エアー漏れ(ホイールひび)経験しているので、出先では簡易的に接地タイヤトレッド数えて空気圧低下の目安にしていたけど、これからは運転席に居ながら数字で分かるので精神的にも楽になります。

この日は、半袖で日差しが暑い程度で汗ばむほどではない感じ
5月連休前に6.0kgf/c㎡にして1か月位そのまま、減るどころか膨張してます。
エアーは窒素ではないです。
あと右後ろ0.1低いですがいつもこんな感じです。夜は同じになっています。
FC-1973.jpg

上記の翌日夜、半袖では肌寒い どんな感じか見てみた 冷えてこれなら下げた方がいいですね。
FC-1974.jpg

別の日、買い物の後、トヨタに行くのでついでに空気圧調整
記憶が定かでないけど確かこのときは6.5
今タイヤが温まっているので、感覚的に今の状態から0.5落とせば冷えてるとき5.7~6.0になるかなと思いお願いしましたが、数字を指示してもらった方がと言う事で6.0でお願いしました。

調整後確認
左前後6.1 右前後6.0 エアモニさん正確です 。0.1の誤差は夜落ち着いた頃見るとたぶん同じになっているのでOKです。

夜確認 ほぼ予想通りでしょうか (⌒-⌒)ニコニコ...
FC-1975.jpg

空気圧調整して4日後
車内温度計22度くらい 雨 左走行前 右30分くらい走行後
FC-1976.png

長距離移動は夏キャラバンまでないので、それまでお預けです。

参考
(事故予防するために)タイヤがバーストする前兆ってあるの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

追記
2014/6/14
外気30度超えました 30分くらい走行でタイヤ温度もそれなりに上がってます。
真夏はどこまで行くのでしょう?

FC-1980.jpg

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク