ランチョショックアフソーバーRS9000XL カムロード

6月29日
はじめてのダンパー交換
まさか自分でやる時が来るとは思ってなかったよ
キンチョ ~ル? (-.-;)

フロントは手強そうなので、リアから開始
他の方 参考にレベラーに載せ、下に入りナット緩めます。
上ボルトのみ 14mm 下ボルトとナット 各17mm
FC-001413.jpg

楽々とは いかなかったけどリア交換完了

後はフロント
タイヤ外し、下ナットから外そうとモンキーレンチとメガネレンチで試みましたが(ボルトとナット両方から押えるため)、モンキーレンチがうまく入らず、たとえ外せたとしても取り付けの最後の締め付けが出来そうもないのとタイムアップでやめました。工具購入まで持ち越し

7月6日
工具も揃い先週に引き続きフロントにトライ
前回途中までは経験済みなのでジャッキアップ・馬かけまで順調
FC-001445.jpg

下のボルトとナットは外れたのですが、上の外し方が分かりません。一番上までねじ切ってあるのとカバーが引っ掛かっている部分にも押さえが無いので、押さえがなくてナット回すと心棒ごと回るだけで外れません。
たぶんもう付けることもないのでプライヤでガッチリ挟んで押さえ無事ナットを取ることできました。
事前調査不足でした・・・ (写真はナット取った後)
フロント 上 最初についてたやつ 17mm(ロックナット)・ランチョ付属ナット14mm(通常ナット) 下ボルトとナット 各17mm
FC-001447.jpg

右は外れましたが、左も同じようにやればと作業しましたが、上のナットが途中から咬んでしまってうまく外れず、やっとのことで外し、今度は下側ボルト抜いたら矢印の方向に伸びるのは想定内でしたが、そのまま押さえつけられてビクともせず、引き抜けませんしダンパーも強く縮まない。 (゚Д゚)ヤバイゾ~
ちょっと冷静に・・・
最初にジャッキアップしたとこに(Aの下側)、ジャッキかけダンパー縮めて無事取れました
よかった~
FC-001446.jpg
ちなみにフロント交換時 2駆の場合は あまり関係ないみたいですが4駆の場合は、タイヤの付いているアーム(Aの下)が浮いていないと(ブランブラン?)ブーツの関係でボルトが抜け難いのです。

作業時間 フロント約1時間30分 リア約1時間ちょっと
何事も経験だな

前後付いたので、軽く試走 前5 後5 ん~・・・ やらかすぎ・・・ ですが
設定が弱いだけなので慣らしが終わるまで柔らか運動してもらいましょう!

ランチョとビルシュタイン(へたりあり)との感想

・まっすぐ走っている分には、あまり変わらないかな
・今のがブレーキ踏むとノーズダイブ(前への沈み込み)が大きいです。
・うねりがある道、ダンパーが効いているので緩やかですが、すごい揺れます 前後左右舟こぎ状態 今までの揺れは、ダンパーがへたりクネクネしたような・腰がなくなってる感じの揺れ(伝わるかな~)
・これが一番感じたことですが、交差点 右左折時の後ろ側のシェルの振られ方が違います。今まではシェルがロール(外に振られる)して曲がっている感じでしたが、今はそのままロールしないかのように曲がっていきます。
なので曲がりはじめはアクセル抑えて、曲がりきる前あたりからアクセル開いていたのが、曲がりはじめからアクセル開いても心地よく曲がっていきます。
・高速は乗っていないので今後のおたのしみ

書いたことはショックの固さを変えれば解決するので、今後が楽しみです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



おまけ
FC-001372.jpg
FC-001440.jpg
FC-001441.jpg
FC-001443.jpg

これも仕上げないとね (-.-;)
FC-001467.jpg
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.34l(2018/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク