スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブバッテリー充電

使った充電器
A-アルプス計器 P12100S と B-OMEGA PRO OP-0002

FC-001692.jpg

はじめにAで満充電終了後、Bで充電パーセント確認 100パーセント表示
確認後Bで再充電 結果は電圧は変わらずCCA値アップ・・・ パルス充電で変わったと見ることも出来ますが、今の段階では変わらずということにして置きます。

下記の表は、条件がバラバラなのでどうか分かりませんがまとめてみました。
左右ポールの+-の組み合わせはどちらでも電圧は変わりませんが、CCA値は両端(1+4)が高いです。またバッテリー揺すったり・車に装着(表になし)して微電流が流れていると活性化されるのか?値が上がるみたいです。

バッテリー G&Yu SMF 27MS-730 CCA-730
充電前充電A充電B約40分後翌日左記揺すったら翌々日
電圧12.7513.2913.2913.2913.1713.1713.14
CCA 1+4671674700672672723668
CCA 1+3---586583622562
CCA 2+3--550552548582581
CCA 2+4---550624645643


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

CCAテスターは寿命も確認できるので便利ですね。値段が高いのがネックだけど。

Re: No title

かむぱぱさん
値段が高いのでかなり悩みましたが、ポールの組み合わせでCCA値の違いが分かったのと弱って交換したバッテリーの状態も分かりよかったかも知れません。
プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。