ベバスト燃料(軽油)ホース抜けた オルビスユーロ

グランディ羽鳥湖スキー場に行ったときベバストヒーターが夜中に停止、これ自体は、低電圧や凍結でなるのでめづらしい事ではないです。
この日のスキー駐車場は、雪がチラツき、車に強く風が吹きつけていたので燃料タンクあたりもかなり冷え込んだと思われます。この時は2・3回着火試しダメなので先の状態かと思い断念
この後使う必要もないし、凍結なら時間が解決してくれるので帰宅後もそのままにしていました。
でもベバストの故障の可能性も考えられるため着火確認
ファン勢いよく送風、ちょっとして低送風後、また送風・・・ この前と「いっしょだな」 ちょい冷や汗・・・
燃料ホース確認 、タンク下路面に染み発見 下覗くとタンクに水滴(軽油)
(゜Д゜;≡;゜Д゜)
どこから? ベバストスイッチ停止
接合部 燃料ホース(チューブ)・・・抜けてる
チューブ刺さらない、ホースバンド緩めて再度挿入後、止め締め直し着火確認
20分ぐらい動かし、燃料漏れもないこと確認 ( ̄^ ̄)ゞ

今回は、スキー場HPでマイナス2.4度だったので2号軽油で大丈夫かもと考えが甘かった。結局チューブが、凍結して接合部(緩みあった?)から押し出されたと推測します
今回の抜けた場所がポンプ以降でベバスト稼働させなければ燃料が送られないので帰宅後も気づかなかったと推測します
不幸中の幸い あとガソリンなら (; ̄ー ̄川
これからは、寒冷地に行く時は3号軽油入れます

燃料の流れ 見え難いけど細いチューブ
FC-001763.jpg

車輌燃料からT字で分岐
FC-001764.jpg

丸印が抜けた場所
FC-001761.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク