スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアサスの感想 オルビスユーロ キャンピングカー

結論から エアサス つけて よかった~ \(^◇^)/

ただコンプレッサーがないので自分の目的だった傾き調整はできません
だからと言って 走行に支障ありません

車両状況
カムロード 2500cc 4WD
オルビスユーロ(リアに発電機あり)
ランチョ 前9後8
マックスロードプラス 5cm締め付け
LTキャンパー製スタビ前後なし(このエアサスの取付位置の関係でリアスタビは付きません)
タイヤ ブリジストン W969 215/65/15 空気圧 5.5kgf/c㎡

基本的な揺れは、例えるならバランスボールに座り、上下に跳ねるのと同じ感じです

装着後すぐの感想 空気圧 2.5kgf/c㎡(35.56psi)
・ イスに座ってみて、リアが若干上がっているの感じます
・ スタンドから車道に出るときの左右の揺れが抑えられてます。
・ 乗り心地は、エアサスなしでの設定で大体満足しているので思ったより感動なし
・ 走行時の段差、衝撃がマイルド
・ うねり道、揺れが抑えられているので後ろ暴れません

若干硬いので2.4kgf/c㎡に落としました。

約600km走行しての感想 空気圧 2.4kgf/c㎡(34.14psi)
概ね2.5kgf/c㎡とは変わりませんが硬さは抑えられています
・ 一般道、後席を気をして今までスピード抑えていた道も気にせず走行できます
・ 高速道、道路継ぎ目のガ・ガガンが抑えられたらいいなと思っていましたが、見事にマイルドに抑えられています
・ 峠道、確かに左右のロールは抑えられていますが、元々低速なのであまり分かりません

傾き調整について
家のオルビスは左側が右側に比べ1.5cm弱低いので、シンクの水が左側(車両壁側)に残ってしまいます
これを解消するには左を上げてやればよいので、エアサス登場となる訳です。
しかし長距離走行前に ほぼ平行になる 左2.8kgf/c㎡(39.83psi) 右2.4kgf/c㎡(34.14psi)に調整しましたが、想像通り走り出してすぐバランスが悪いし、路面の凹凸があるとうねったような揺れになっています。そもそも2.5でも固めなのに左2.8なのですから左が固く右が柔らかいので当然です。
やはり走行時はこれだけ左右差があると運転に支障きたすので、どうせ調整できないのなら左右同じ設定の方が走りやすいのですぐに左右2.4kgf/c㎡に設定しなおしました。
停車時の調整に車内から操作できるエアコンプレッサーが欲しい・・・
ちなみに自分の場合は、調整なし左右差での走行は特にバランスが悪いと思ったことありません。

エアサスすごいなと思った瞬間 空気圧 2.5kgf/c㎡(35.56psi)
下のような高低差のある橋で上った後下るときにリアがかなりバウンドします。
上り30km/hくらいで進入して下り手前でブレーキ踏み減速してバウンド回避していました。
エアサスつけたので30km/hのまま通過しましたが、エアサスがバウンドを抑え後ろにある荷物も暴れることなく通過してしまいました。
圧抜きがあればプシューてなってるでしょうね。エアサスって凄すぎ~

FC-1822.jpg

リアがストンと落ちる感じの坂 トラックの傾きで下り角度 想像してくださいね
FC-1824.jpg

次はノーマルタイヤにしたときにどう感じるかかな?

最後に「後ろマット変えた?寝心地がいいんだけど(揺れが少ない)」 と言われました O(≧▽≦)O

参考
・ エアサス装着!(そ~うちゃ~く)
http://takekid.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

追記
2015/10/8
2.4kgf/c㎡で乗っていましたが、なんとなく揺れに慣れてしまい3.5kgf/c㎡に上げました。
慣れてしまったせいか?跳ねも気になりません。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。