スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイネット窓の雨樋

家のオルビスは、アクリル窓でなく、複層ガラス窓です。
納車時、特にリア窓、他の窓はたいした事ないが、窓枠の下側レールの汚れが気になり、散水ノズルのシャワーを窓にすると排水口(小さい切り口)から汚れが出てくるので、一気に流しちゃえ~と、いい気になってジェット噴射していたら、オーバフローして車内に水が垂れていました。程々にしないとね
窓枠排水口(リア窓)
FC-000140.jpg
前置き長すぎましたが、
雨の時ダイネットに付いている雨樋から、滝のように雨水が流れているので、どこからかな?と、見るとダイネット屋根とバンクヘッドの盛り上がり部分の境目からでした。わかりづらいですが、keの上あたりに水滴が付いていない部分縦ラインが、雨水の道になっています。
FC-000130.jpg
屋根からの雨水が雨樋をつたい、窓枠を通り下へ流れていきます。
FC-000131.jpg
この雨樋は、ここの窓にしか付いていません。多分他の窓はここまで集中して流れないからだと思います。
始め剥がそうと思いましたが、取らなくてよかったかな。役に立っていそうだしね
あと必要性は、無きゃ無いで別に程度かな。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。