冷蔵庫バッ直化 キャンピングカー


自分には必要ないと思っていたけど、やっぱり快適かな?と思いやることに!

冷蔵庫側が2sqなので最後まで悩んで8sq丸裸端子の筒だげ残し切り落して線同士の直接圧着
練習OK(2sq同士)
FC-2290.jpg

完成~
やっぱり直接圧着で失敗しそうなので練習と同じに8sqに2sq圧着しておいて冷蔵庫とはギボシ端子に(^^;)
FC-2294.jpg

同時に仮配線通し
通常家庭用エアコンのところに配線通しの配管がされていますが家のは配管ないので、インバーター用に簡単に配線引き込みできる場所探してたら見つけた、それは助手席後ろドア側のつなぎ目板の裏に線が引き込まれてるので取り合えずここに仮配線、具合見ながら本配線へ変更
FC-2292.jpg

白い断熱材の裏の空洞に仮配線を押し込んでいけば下のバッテリー室に出ます
FC-2293.jpg

ダイネットフラット化(やっとだよ) オルビスユーロ

今回の件は板にアーチ状の切欠き作るだけですが、これをするのに板とマットが接着されているのでこれを剥がすのか?そのまま加工するか?で悩んでいるうちに、特に困っているわけでもないし、ない方が都合もいいのでほったらかしだったんですよね。でも家にいつまでも放置も何だし、いい加減使えるようにと思い先日CWに行ったついでに加工してもらいました。
以前に担当には「やる」と言われていたんですけどね。
と言う事で長く掛かったけどやっとフラット実用化 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
FC-2247.jpg

問題の個所は矢印の所、ここの部分のマット板がテーブルと干渉していたので削った(※)
FC-2248.jpg

板とマット剥がしは、金属スクレパーで慎重に勢いよくガシガシ板側に這わすようにやればよかったみたいです。剥がれた板側についた接着剤も金属スクレパーでガシガシ取っても意外と表面ボロボロにならないのは驚いた。次やるときは自分で出来るけどもう次はない (* ̄m ̄)プッ

あっ!早速寝転がってみたけど やっぱりあるとイイね(^_^)v

※ 通常はテーブル支えにするので干渉しないらしい
  なので家はスペシャル仕様と言う事にしておきます (#⌒∇⌒#)

ドラレコ PAPAGO GoSafe P2PRO

購入は昨年青森行く前、長らく放置しちゃいましたが、先日の羽鳥湖行き前にやっと取付完了

PAPAGO GoSafe P2PRO
http://www.papago.co.jp/Product/product_p2pro.html
ドラレコ上の方に見える白っぽいのは、養生テープ仮止め中のためで現在は本貼り付け済み
今回は付けたばかりなので見えるようにしてますが、今は既存ミラーにワイドミラーが付けているので隠れています
FC-2168.jpg

LDWS(車線逸脱警報)が付いていますが、仕組み上 ボンネットをドラレコに映り込ませ、それと白線で判断しているためボンネットのない車両は作動しないようです

このドラレコの記録画をPCで見るソフト「GoLife」がありますが、これがうまく作動せず苦慮、結論はウインドウズシステム8.1のため それ対応のソフトで対応しました。
製品サポートGoLifeダウンロードには表示がないので注意

ビューアソフトウェア「GoLife!」のWindows 10 対応
http://www.papago.co.jp/service/golifeplayer.html

ファームウェアのバージョンアップがあり、タイヤ空気モニタリングシステムに対応しました
空気圧は4.2kgf/c㎡(60psi)なのでキャンピングカーには関係ないですけど・・・
追加値段は実売18,000円位
http://www.papago.co.jp/Product/product_tpms-700.html

エアモニ3との干渉も今のところありません
ルームミラー左側にドラレコ ・ フロントガラス右端下にエアモニ3

FIAMMA Rollo Vent 40 その1

ジャパンキャンピングカーショー2015で仕入れた ルーフベントの遮光等のFIAMMA Rollo Vent 40 取付
4,500(税抜き)
FC-2101.jpg

天井とRollo Ventの隙間がレールの役割果たすようです
FC-2102.jpg

表面 白地
FC-2104.jpg

裏面 銀地
FC-2103.jpg

仮止めしたところ
FC-2105.jpg
あらら! B のところが干渉して閉めれません
もう少し天井とRollo Ventの間があると思ってたけど、先のとおり隙間はレールの役割しているのでほとんどなし
開閉レバーが天井より上に(Aの深さがない)あればいいけど仕方ないです

そこで考えたのは ルーフベントに木枠を付けて約2㎝位嵩上げすればいいかなと思ってますが・・・
思ったより面倒になっちゃったな ε=( ̄。 ̄;)フゥ
それとも誰かに譲るか・・・ 

つづく 

リアベット下収納アクセスドアにダンパー取付

リアベット下アクセスドアですが、キャラバン中 洗濯物入れたりペットボトル等取り出すのにマットと板が意外と重いのと、家のはマットの関係で上段ベッドにぶつかり最後まで開かないので片手で支えていないといけないので大変です。また自分以外が開けることも多いのでダンパー取付け

当たり前ですが制作時より二段ベッドになっている場合はマットがあっても最後まで開かないと言うことはないです、また今のマットは軽くなっています

取付説明書が無いので白線の位置に適当に付けたら閉まりません
どうやらステーのストロークが閉まったときに遊びがないとイケないみたいです
マットなしでは板が垂直になるので、この状態になるように試行錯誤して完成
他で見たダンパーの取付角が鋭角なのも納得、この角度でないと遊びができません
FC-2054.jpg
FC-2053.jpg

ダンパーが半開きを支えるほど強くないので支えるためつっかえ棒が必要ですが、開けるのが苦で無くなりました
FC-2055.jpg

プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク