スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッドレスタイヤに交換

2017/11/26
今日はちょっと温かいのでスタッドレスタイヤ交換日和かな w
左前から始めたが、いつもアジャスターを2cmくらい上げれば路面から1cm弱上げれるのだが、今回は中々上がらない
65から70に外径が変わった分多く上げなければいけないようなので、アジャスター3cmくらいにして再度上げ直して交換できた
他の3本はそれほど苦労せず交換完了
アジリスに戻すときは忘れずに余分に上げないと取付不可だな!

使ってるジャッキ等
ちなみにアジャスター上げて使用するとこのねじ込みが噛んだように戻しずらくなるがトップをレバーなどで「カン!」と打てば難なく戻せる
冬タイヤに交換
http://takekid.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

発電機カバーボルト

発電機のカバーボルトには長め2本と短め2本となっている、この短い方の1本が購入当初からボルト先は舐めた状態であった
原因として微妙にネジ穴に届く程度の長さなので締めすぎるとボルト先を舐めてしまうということである
だが微妙な締め具合で何とか留まっていたのでそのままにしていたが、微妙な締め付けは取外し回数が増えるとかなりめんどくさい
ちなみにフランジボルトが付いていないのは脱落したわけではないのでお間違いなく!
FC-2805.jpg

今回は純正品ではなく代用品にしてみる(左2本M6-15・M6-12、他は純正)
頭サイズは純正と一緒だが、15mmがどの穴でも締めこめるのでねじ込む部分の太さが若干細いようだ、というのも純正の長い方は下穴の方では当たって最後まで締めこむことができない穴もあるからそう感じた
FC-2808.jpg

ボルト色が黒でなくても良さげなのと長くも短くもないM6-12に全て交換した
若干細いのは気になるがそれほど気にする箇所ではないのでいいだろう
FC-2806.jpg

参考
黒塗りフランジボルトは15mmしか見つけられなかった
FC-2807.jpg

ボルト交換ついでに発電機とベパストの稼働もしておいた
どちらも安心して使えそうなことが確認できた

CSWショックアブソーバー(ダンパー) カムロード

CSW(カーセルスワタナベ)ショックアブソーバー(写真左)
周波数感応型バルブのハーモフレック機構を搭載し減衰力14段階調整機構
F1001733.jpg

車両状況
カムロード 2500cc 4WD
オルビスユーロ(リアに発電機あり)
CSW(カーセルスワタナベ)ショックアブソーバー 前8後7(最終設定)
マックスロードプラス 3cm締め付け
CLIMBエアサス(板ばね内側装着) 4.0kgf/㎠
前後スタビ強化なし
給水タンク排水タンクともに中身なし

取付後設定調整のため渡辺さんと試走
設定:前8後8
突き上げ(ゴトゴト)感がなく路面に吸い付く感じで走り、今まで感じたことのない滑らかさがある
この感覚からスタート

設定:前9後8
前を1段上げる
前の突き(ゴトゴト)上げ発生

設定:前9後7
後ろを1段下げる
前の突き上げ(ゴトゴト)感が消えるが後ろのユッタリした横揺れは増える
後ろ1段下げるだけで前の突き上げ(ゴトゴト)が消えたのは不思議

設定:前8後7
前を1段下げる
全体的に揺れがユッタリした揺れであるが大きく感じる
ここがおすすめ設定

設定:前8後6
後ろ1段下げる
後ろの揺れはユッタリした揺れであるがさらに大きく感じる

設定:前8後8
いろいろ試した結果、最初の設定で帰宅

設定:前8後7
後ろが時々跳ねるので後ろを1段下げる
この状態で新潟往復してみて
高速では100km/h走行で今まで(ランチョ前8後8)の80から90km/hくらいの感じだがそれよりもソフトな乗り心地で中々快適である
一般道では滑らかで緩やかな揺れが発生する、これはこれでいいのだかもう少し押さえたいので要検討
ただサスペンションが馴染んでくると考えが違ってくるだろうし、今回は水の積載がないのでこれでもまた変わるからこのままの設定で年末キャラバンしてみよう

参考
1台分工賃別(税込、2017/10現在)
CSWショックアブソーバー ¥102,816
ランチョ RS9000X ¥72,576

お泊り34 三条・弥彦

2017/11/2
22:30頃出発
首都高・関越道・北陸道と通り、珍しく眠くならず栄PA 26:30頃
給油以外停車なしで走った、それにしてもトラックが多かった

2017/11/3
朝マックして軽くやることやってちょっと時間が空いたのでお茶 10:40頃

法事終了後昼食して弥彦へ 14:00頃

自分の目的地ではないが県道29号が菊祭りを弥彦神社でやっている関係で弥彦駅手前500メートルくらいから渋滞、このまま進んでも嵌る可能性大なので道それて県道2号に出て到着 15:20頃

墓参り済ませ、折角なので菊祭りも見て帰路に就く 16:30頃

帰りは関越道の途中、渋滞はあったが高坂SAで食事などしてる間に渋滞は解消されて22:30頃帰宅

行って帰ってきただけの感じで出かけた感なしだね w

おわり

アンダーミラー交換 カムロード

先日、車検に出した時、アンダミラーの固定ネジ台座部分が破損しているというので交換をお願いした
最近お辞儀率が上がっていたので、「やっぱり・・・」であった
FC-2804.jpg

ICHIKOH製 ¥3,099
FC-2803.jpg
プロフィール

takekid

Author:takekid
キャンピングワークス製
オルビスユーロH17年式(2005年)
カムロード2500DT 4WD

現在の平均燃費 7.37l(2017/1)

ご訪問ありがとうございます

記事中 CW = キャンピングワークス

注意:非公開コメントされた場合は表示されません

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
総アクセス数
オルビスユーロ納車から
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。